?

ドストエフスキー を語るブログたち ドストエフスキー ブログランキング

ドストエフスキーについて語るブログを集めたブログランキングです。

  • 2
  • 145.83bg
blogram成分

読書

10

音楽

6

クラシック音楽

4

政治

4

楽しみたい

4

羽鳥ログハウスの四季

地下室の手記

昔から進退窮まったときに手を出す本は、井上靖さんの「氷壁」があるし、もう一冊はドストエフスキーの「罪と罰」である。

  • 5
  • 100.81bg
blogram成分

映画

10

サッカー

10

読書

4

社会

4

音楽

4

カラスのBLOG

死の家の記録

この「死の家の記録」は、それ以前とそれ以降の作品を画し、ドストエフスキーの名を歴史にとどめる素晴らしい作品。

  • 6
  • 99.22bg
  • とっさ
  • blogram会員
blogram成分

釣り

10

アウトドア

6

グルメ

4

読書

4

洋食

4

山と渓流と酒と友達

とっささんのみどころガイド 中高年ゆかいな登山隊の山と渓流の記録?

大作家

確かにドストエフスキーは19世紀を代表する大小説家で、私も好きな作家の上位には考えています。

  • 7
  • 56.45bg
  • mitosya
  • blogram会員
blogram成分

音楽

10

クラシック音楽

6

楽器

6

舞台

4

映画

4

個人誌 『未踏』全ページ

mitosyaさんのみどころガイド 個人誌 未踏 ブログページ

ジョルジュ・バタイユ(Georges Albert Maurice Victor Bataille)

シェストフとは、フョードル・ドストエフスキーとニーチェから出発して哲学の出発をした哲学者であり、バタイユはシェストフの本を共訳でロシア語から訳してもいる(1924年)[2]。

  • 8
  • 52.34bg
blogram成分

世界の地域

10

経済

10

著名人

8

職業・職種

8

政治

8

禅膳

若松英輔(4)

この何かを作者は一応復活という名で呼んでいるが、・・・作者ドストエフスキーのシベリア体験につながる、もっとも語り難い彼の思想の秘密を形づくっているものなのである。

  • 9
  • 51.69bg
blogram成分

映画

10

音楽

4

日本の業界

2

政治

2

世界の地域

2

webDICE - 骰子の眼

「ドストエフスキー翻訳者の役割は、目の粗い文章にアイロンをかけて整えること」主人公と同じくドストエフスキーの新訳で旋風を起こした亀山郁夫さんによる映画解説

「ドストエフスキー翻訳者の役割は、目の粗い文章にアイロンをかけて整えること」主人公と同じくドストエフスキーの新訳で旋風を起こした亀山郁夫さんによる映画解説

  • 11
  • 49.01bg
blogram成分

パソコン

10

旅行

8

読書

8

携帯電話

8

花・園芸

6

<Road to 2050>フランジ君のblog

短編の名作に相次ぐ感動。

かのドストエフスキーも絶賛したとか・・・・、

  • 12
  • 41.57bg
  • sayuri
  • blogram会員
blogram成分

インターネット

10

読書

2

政治

2

舞台

2

法律

2

あぶく日記

sayuriさんのみどころガイド

2015年02月22日のつぶやき

文豪ドストエフスキーの「白痴」と、ブレヒトの「コーカサスの白墨の輪」泣いて笑える舞台です。

  • 15
  • 39.63bg
  • コベマル
  • blogram会員
blogram成分

インターネット

10

読書

8

映画

8

世界の地域

6

旅行

4

欧州雑派

コベマルさんのみどころガイド

「白痴」読書メモ (再ー②) ~パスカルはコアントローのことをしらなかった

ドストエフスキーの作品は、長編では「悪霊」「罪と罰」「カラマーゾフ」、中短編では「賭博者」「地下室の手記」をこれまで読了している。

  • 18
  • 28.67bg
blogram成分

野球

10

アニメ・コミック

8

8

ネコ

8

洋食

8

さいきんの流星光

ツルゲーネフ『はつ恋』 読了

ドストエフスキーの『罪と罰』も長いと思ったけど、

  • 20
  • 21.28bg
  • 秋太郎
  • blogram会員
blogram成分

政治

10

経済

8

資格・キャリア

8

語学

6

法律

6

私の思うこと(経済学を中心に)

秋太郎さんのみどころガイド

文学と学問

◎以前「ジョージ・オーウエルの政治学」という本があったら面白いと思うと書いたが、文学を、特に19世紀の偉大な文学、ドストエフスキーやトルストイなどから、哲学、政治学、など学びたいものである。

ドストエフスキー カテゴリのブログは、こんなカテゴリーにも高い関心

ココポイ!ナビ
みんなのネゴト
?
Now Loading
「注目ネゴト」へ

このページのトップへ