?

小林秀雄 を語るブログたち 小林秀雄 ブログランキング

小林秀雄について語るブログを集めたブログランキングです。

  • 3
  • 90.13bg
blogram成分

読書

10

音楽

6

クラシック音楽

4

政治

4

楽しみたい

2

羽鳥ログハウスの四季

『夏目漱石の手紙』 久米正雄・芥川龍之介宛

小林秀雄さんは奇妙なほど夏目漱石について黙しているが、その文学的近隣におられた大岡昇平さんは漱石への興味を語っておられ、たぶん小林さんも無関心ではなかったのだと思う。

  • 4
  • 90.12bg
blogram成分

健康

10

読書

4

政治

2

家族

2

学校生活

2

C型肝炎治療における楽観主義のススメ

再度、若松英輔さんと岩崎航さんのこと

載っていますが、内村鑑三、小林秀雄、谷川俊太郎、井筒俊彦、岡倉天心

  • 5
  • 82.76bg
blogram成分

読書

10

政治

4

法律

4

学校生活

4

社会

4

やまもも書斎記

『本居宣長』小林秀雄

小林秀雄.『本居宣長』(上・下)(新潮文庫).新潮社.1992(2007.改版) (新潮社.1977)

  • 6
  • 82.58bg
blogram成分

読書

10

芸術

8

おでかけ

6

大学・専門学校

4

学校生活

4

mmpoloの日記

[文学]井伏鱒二『文士の風貌』を読む

太宰治、小林秀雄、志賀直哉、尾崎一雄、永井龍雄、大岡昇平、三島由紀夫など56人の文士の横顔をスケッチしている。

  • 8
  • 73.61bg
blogram成分

経済

10

世界の地域

8

政治

8

著名人

6

職業・職種

6

禅膳

若松英輔(5)

・・・人間生活というものはこういう人々の忍苦によって支えられているのだ、と小林は考えていた」(小林秀雄論)

  • 11
  • 57.73bg
blogram成分

読書

10

健康

8

恋愛・結婚

6

社会

6

学校生活

6

分け入つても分け入つても本の山

「日本人のための世界史入門」

→小林秀雄賞作家の山田太一氏が推薦しておられたので(2013「読書週間アンケート」)、

  • 13
  • 57.51bg
blogram成分

政治

10

世界の地域

6

その他キャラクター

6

政党・政治家

4

著名人

4

国体学のすゝめ

渡部昇一氏の業績

氏のように生涯を通じて知的研鑽を積まれた方の業績を総合的に批評する力量など筆者にはないが、それでも氏の知力のある面での一つのピークがこの時期のエッセイには表れているような気がしてならない。

  • 14
  • 51.77bg
  • にけ
  • blogram会員
blogram成分

読書

10

音楽

6

日本の地域

6

ウィンタースポーツ

6

楽しみたい

4

オペラ サモトラケのニケ

にけさんのみどころガイド

「源氏物語」 The Tale of Genji

「本居宣長」を書いた頃の小林秀雄の話では、正宗白鳥さんは源氏をアーサー・ウェーレー(Arthur Waley,1889-1966)訳の英語で読んで、はじめて源氏の良さがわかったと言っている。

  • 15
  • 49.58bg
  • 有沢翔治
  • blogram会員
blogram成分

読書

10

世界の地域

8

趣味

6

政治

6

楽しみたい

6

有沢翔治の読書日記

有沢翔治さんのみどころガイド ちょっと変わった読書・映画の感想文です。哲学書などを独学で勉強して、その成果を載せようと思ってます。

伊藤整『小説の方法』(岩波書店)

「私小説というものは、人間にとって個人というものが、重大な意味を持つに至るまで文学史上には現われなかった」と小林秀雄が語るように*2、それまでの文学作品は基本的に宗教が主でした*3。

  • 16
  • 46.51bg
blogram成分

TV・ラジオ

10

社会

6

著名人

4

観光地

4

行事・季節

4

思考の部屋

どうでもいい話し・無常という事

2013年9月に小林秀雄生誕111年、没後30年記念として朝日新書から、

  • 19
  • 40.00bg
  • kous37
  • blogram会員
blogram成分

アニメ・コミック

10

読書

8

家族

6

AV・情報家電

4

社会

4

Feel in my bones

kous37さんのみどころガイド 読書や日々の思考の記録を記しています。

四月に読んだ本、続き。吉本隆明論とかヴィレヴァンとか。

小林秀雄や花田清輝と同じく、吉本の文体は難解で韜晦しているからとても読みにくいのだが、作者はそれをすごくわかりやすく解読してくれ、目から鱗が落ちるよう。

  • 20
  • 39.01bg
blogram成分

読書

10

政治

8

経済

8

世界の地域

6

健康

6

暇人肥満児の付録炸裂袋

『小林秀雄の哲学』

「『小林秀雄全集』のなかから気に入った文章の抜粋(しかも新書四ページ程度の分量)を八ヵ所ほど選ぶとしたら、どの作品のどの部分から抽出するか?」

小林秀雄 カテゴリのブログは、こんなカテゴリーにも高い関心

みんなのネゴト
?
Now Loading
「注目ネゴト」へ

このページのトップへ