?

純文学 を語るブログたち 純文学 ブログランキング

純文学について語るブログを集めたブログランキングです。

  • 1
  • 1088.10bg
  • 十六夜亭
  • blogram会員
blogram成分

読書

10

音楽

4

アウトドア

4

住まい

2

芸術

2

ノート01

十六夜亭さんのみどころガイド 毎日の出来事を綴った日記。

西加奈子「サラバ!」を読む。

で、読んだ結果、直木賞が対象とするエンターテイメントでなくって芥川賞のような純文学でないの? と思った。

  • 3
  • 81.20bg
blogram成分

読書

10

経済

8

政治

8

サッカー

6

政党・政治家

6

過激な正論 ・ まっとうな暴論

芥川賞受賞作を読みました

ま、それは中を読んでからのお楽しみということで、近年希にみる純文学のベストセラーにとりかかりました。

  • 4
  • 63.27bg
blogram成分

受験・塾

10

学校生活

4

読書

4

社会

4

大学・専門学校

4

お受験ブルーズ

人生を決定づけていく読書

やはり、純文学、主に大正文学や、海外のものにチャレンジしていくことが大事です。

  • 6
  • 41.80bg
blogram成分

政治

10

経済

10

読書

8

世界の地域

8

健康

6

本木周一の25時間目

近代の終焉

サブカルチャーの登場で、純文学や難解な詩などは敬遠され、それでは作家も飯も食えなくなっている。

  • 7
  • 39.16bg
blogram成分

スポーツ

10

楽しみたい

4

読書

4

観光地

4

植物

4

fujitakaのぼちぼちコラム

金閣寺

昨年からいわゆる「純文学」と言われる分野の読書に挑戦している。

  • 10
  • 8.25bg
blogram成分

伝統芸能

10

家族

10

読書

8

学校生活

8

趣味

8

HEART GRAFFITI

王国

冒頭から純文学ならではなヒリヒリとした文章表現に惹き付けられる。

  • 11
  • 4.07bg
blogram成分

世界の地域

10

読書

10

恋愛・結婚

4

野球

4

家族

2

ひねもすのたり、読書かな

#02 Kazuo Isiguro NEVER LET ME GO

『日の名残り』(The Remains of the Day)でイギリス最高の文学賞・ブッカー賞を受賞した作家です。

  • 13
  • 1.83bg
  • 朝野十字
  • blogram会員
blogram成分

読書

10

映画

8

政治

8

政党・政治家

8

社会

6

朝の書評

朝野十字さんのみどころガイド

宇宙の眼

そうすると、マジック・リアリズムな純文学でもよさそうなものだが、あえてエンターテイメント側にとどまっているのが、マーシャの美乳。

  • 14
  • 1.69bg
blogram成分

読書

10

映画

6

恋愛・結婚

6

日本の地域

4

旅行

4

H18社労士合格!

山田宗樹「直線の死角」「聖者は海に還る」

ただ、以前、純文学系の作家の人に「一気に読めた、というのがみんな褒め言葉だと思っているようだけれど、それは違う」と言われたことも思い出した。

  • 15
  • 1.41bg
blogram成分

映画

10

アニメ・コミック

8

音楽

6

TV・ラジオ

4

読書

2

徒然なるままに

映画「いばらの王 King of Thorn」観ました(一部ネタバレ含む注意)

映画「シャッターアイランド」が好きな人や、純文学を好んで読んでいる人だったらこの映画の面白さを分かってくれるのではないかと思うのだけれど。

  • 16
  • 0.92bg
blogram成分

音楽

10

芸術

8

恋愛・結婚

6

読書

6

インターネット

4

EMA THE FROG

僕が小説を書く理由~「本物の孤独と出会おう」鴻上尚史~

ROU KODAMAの描く「不純文学」は、自分を知ること、自分に潜ることを目的としたひとつの道具である。

  • 17
  • 0.31bg
  • arashi
  • blogram会員
blogram成分

政治

10

世界の地域

8

大相撲

6

経済

4

サッカー

4

【テレビ屋】なかそね則のイタリア通信

arashiさんのみどころガイド

村上春樹にノーベル賞は似合わない

重箱の隅をほじくる、という形容さえ使いにくい細部フェチの退屈な純文学作品などよりはるかに優れた「文学」になっているのが彼らの小説だ。

  • 18
  • 0.17bg
blogram成分

TV・ラジオ

10

社会

10

健康

10

日本の地域

10

行事・季節

8

ダブルライセンスで開業~天気のいい日は

読書芸人

前回も思ったのですが、又吉、光浦、若林のお三方は、純文学に偏っていますね。

純文学 カテゴリのブログは、こんなカテゴリーにも高い関心

ココポイ!ナビ
みんなのネゴト
?
Now Loading
「注目ネゴト」へ

このページのトップへ